プロフィール

chie

Author:chie
初めまして。chieです。

3月に、スリーブ状胃切除術という減量手術を受けました。
病気のデパート化していたので、すがる思いでした。
現在、最後のダイエットに励んでいます。
オデブ人生を卒業しようと思ってます。

うさちゃんと暮らしてます。
なかなかのいたずらっ子で手を焼く事もありますが、
圧倒的に癒されてます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

パニック障害。

最近、度々パニックになりかけます。(軽い発作)

突然、苦しくなるんです。

パニック友達から、発作がひどい時より軽い時の方が後を引くって聞いた事があります。

確かに、大きい発作は治まるとしばらく来ないんですが、小さい発作は続きます。

個人差はあると思いますが、私はこのパターンです。



パニック障害。

既に20年以上のお付き合いです。

最初に症状が出た時は、まだ「パニック障害」が広く認知されてなく、私の症状を話した当時の精神科の先生に、「なんで、そうなるの?」「えっ?高速道路を走れないの?」「トンネルが怖いの?」等と聞き返された位です。

先生に理解してもらえませんでした。

一応、精神安定剤は処方されましたが。



なので、その後私は(今思えば)パニック障害の発作で、救急車に3回お世話になりました。



しばらく、訳の分からない症状に苦しみながら過ごし、「パニック障害」と診断された時は、ホッとしました。

治療出来るって思ったからです。



パニック障害と診断された時は、他にも病名がつきましたが、こちらの話はまたの機会にしたいと思います。



パニック障害とはよく言ったもので、

まさに、パニックになります。

死んでしまうかと思う位です。

前回の大きな発作の時も、ホントに死を覚悟しました。

苦しい中、母親を呼び「私は、もうダメかもしれない」って真剣に訴えました。
発作が治まった時は、「助かった」って思いながら、「パニックの発作か」とやっとまともに戻りました。



一般の健康な方からすると、「そんな大袈裟な!」って思うと思います。

でも、ホントにこんな感じなんです。



今は、だいぶ良くはなってきたけど、まだまだ行けない場所は沢山あります。

自分で行けない場所は分かるので近づかないようにしてます。

それでも、私も挑戦してみようと思うんです。

上手くいった場合は良いのですが、失敗すると二度と近づけません。

ちなみに、ちょっと前に「ドライブスルー洗車」に後部座席で挑戦しました。

が、失敗(苦しくなる)し、二度と近づけません。



今は色々不便ですが、いつか・・・

「いつか普通に過ごせるようになったら」

って希望を持ちながら過ごしてます。



今は、発作が怖くて電気を消して寝れません。

ぷっちゃんは、毎晩、元気に運動会です。

ちっちゃなぷっちゃんですが、

いてくれる事が凄く心強いです。

ぷっちゃん、ありがとう。



テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

tag : #パニック障害 #発作

<< ぷっちゃんのおねだり。 | ホーム | 聴診器を買いました。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム